組合員ダブルパワー預金(毎月型)

定期積金と異なり、毎月満期を迎える積立型の定期預金です。
お客様からのご解約の申し出がない限り、積立は継続されるので、定期積金よりも長期的な目的(マイホーム購入の頭金、老後の備えなど)を持ってお積立いただけます。

ご利用いただける方 個人の組合員
お預入期間 1ヵ月(自動継続)
お預入方法 毎月の給与天引きまたは、普通預金口座からの振替
お預入金額 掛込額1000円以上
口数にかかわらず、総額50万円以内(1000円単位、12口まで)
適用金利 預入日(継続したときはその継続日)の店頭金利を満期日まで適用します。
初回の預入日から5年経過毎に、継続日における店頭金利に対して年利0.01%上乗せいたします。
税金 20.315%の源泉分離課税(国税15.315%、地方税5%)
満期時のお取扱い
  • 満期日の前営業日までに継続停止のお申し出がない場合、満期日に元利金と同一の定期預金とし、これらに毎月の積立額を加えて自動継続します。
  • 継続日に残高不足等により積立不能となった場合、自動継続は停止となり、以後の積み立てはできません。
    新たに積み立てをご希望の際は、申込書をご提出いただきます。
中途解約のお取扱い 満期日以前に解約する場合は、利息は預入日(継続したときは最後の継続日)から解約日の前日までの日数および普通預金利率によって計算し、この預金とともにお支払いします。
預金保険制度の適用 当組合の預金・積金は預金保険制度の対象であり、同保険の範囲内で保護されます。
苦情処理措置
紛争解決措置

苦情処理措置
ご契約内容や商品に関する相談・苦情・お問い合わせは、お取引のある営業店または下記の窓口をご利用ください。

【窓口:朝日新聞信用組合 営業部営業課】03-5541-8508
受付日:月曜日~金曜日 (土・日曜日、祝日は除く)
受付時間:午前10時~午後5時

なお、苦情対応の手続きについては、当組合ホームページをご覧いただくか、店頭に掲載しているポスターをご覧ください。

紛争解決措置
東京弁護士会 紛争解決センター(電話:03-3581-0031)
第一東京弁護士会 仲裁センター(電話:03-3595-8588)
第二東京弁護士会 仲裁センター(電話:03-3581-2249)

上記センターで紛争の解決を図ることも可能ですので、ご利用を希望されるお客さまは、朝日新聞信用組合 営業部営業課または下記窓口までお申し出ください。

【 窓口:(社)全国信用組合中央協会 しんくみ相談所 】
住所:〒104-0031
東京都中央区京橋1-9-5(全国信用組合会館内)
受付日:月曜日~金曜日 (土・日曜日、祝日および協会の休業日は除く)
受付時間:午前9時~午後5時
電話:03-3567-2456

ご注意事項
  • 通帳、証書は発行いたしません。
  • 1回に積み立てできる金額は、給与、年金からお引き去りが可能な金額になります。
  • 積立開始後、積立額は変更できません。
  • 残高等のお知らせを毎年8月に送付しております。